採用情報


 
この「年寄り第一主義」は、事業所管理者がミーティングをしているときに
ノベライズらしさって何だという話から生まれました。
 
世の中では「介護」と一区切りにされていますが
運営会社が異なれば、介護の考え方も違うものです。
 
私たちの事業所のスタートは民家改築でした。
いわゆる“施設”ではなく、その方の暮らしの延長をお過ごしいただきたい…。
その思いは今でも引き継がれています。
 
過剰なサービスやケアはその人が持つ潜在的な能力まで奪ってしまいます
 
その中で、私たちは「認知症ケア」のプロとし、
目の前の年寄りへ暮らしの中で「ケア」として実践をしています。
 
ここには「暮らし」がちゃんとあります。
 
天気が良ければ、外気を感じ・・・
花が咲けば、その綺麗さを身体で感じる・・・
冷蔵庫の中の物を見て、献立を考える・・・
足りなければ、食材を買いにいく・・・
晴れた日にはBBQをやってみる・・・
好きなもの、嫌いなもの、行きたいところ、ご家族のこと、全部把握していたい
 
ここに住まう方の生活の延長線になっているか、常に私たちは考え続けていきます。
 
しかしながら、まだまだできていないところが多いいことも認識しています。
認知症ケアのプロとして、納得のできる仕事環境を、スタッフの意見を聞きながら。
 
一緒に育みませんか!